千葉県の葬儀ってどんなの?

千葉県といえば、茨城県、東京都、埼玉県と関東の一都二県と隣接していて、多くの地域は太平洋の海に面しています。

隣接している地域の影響があったり、海沿いであることから、千葉県と言ってもそれぞれの地域によって、生活習慣や習わしなどは異なります。

地域ごとに異なると言えば、冠婚葬祭があげられますが、千葉県の葬儀というのはどの様なものでしょうか?

今現在の千葉県は、東京都の影響も多く受けて都市化している地域がかなり増えています。

新しく開発されている地域もたくさんあり、地元色があまり強くないところも増えている傾向にあります。

よって、葬儀についても都市化が進んでいる地域もあり、古くからのしきたりが守られて行われているところと両方ある様です。

千葉県も地域によって、それぞれの葬儀の特徴がありますが、千葉ならではの葬儀の特徴とはどの様なものがあるかといえば、「前火葬と後火葬」「葬式組や班」「夜伽」「長寿銭」「別れの盃」などになります。

火葬といえば、一般的にタイミングは葬儀式や告別式の後と後火葬になりますが、千葉県の九十九里や銚子、館山などの一部房総地域では葬儀式や告別式の前に火葬をするという前火葬が行われます。

前火葬においても、通夜式の前か、通夜式の翌朝に行うかという違いもあるそうです。

千葉県の葬儀は、それぞれの地域ごとに前火葬や夜伽など古いしきたりが守られ行われる地域と都市化が進んでいる地域があります。

◎千葉での葬儀をお考えの方はこちらも合わせてご覧ください=>千葉の葬儀でできること