シャンプーとは

シャンプーは現在人には欠かせないヘアケア用品ですが、昔はそういった物自体ありませんでした。

元々シャンプーという言葉自体は出てきたのが昭和6年ということで、実はまだ100年経過していないんですよね。

現在では非常に有名な花王からシャンプーが販売されたのは昭和7年のことです。

この頃は石けんで洗髪するのが一般的で、シャンプーは高級品となっていました。

ですが今ではシャンプーの価格も下がり、多くのバリエーションが販売しています。

髪や頭皮の状態に合わせたシャンプーが数多く販売されており、抜け毛予防のものも販売されています。

ちなみに洗髪の習慣が現れ始めたには江戸時代の末期だったそうです。

今では毎日シャンプーをしなければ、髪の状態は悪いものとなってしまいます。

これは様々なシャンプーが出たことに原因があるかもしれませんね。

豊富な種類のシャンプーが手軽に買えるものになったからこそあまり吟味せず、そして洗髪をしていれば清潔だという概念が皆さんの中にあるからでしょう。

その為、「スカルプDを知るために」にもあるように、今では頭皮を守るシャンプーが人気になっています。